【転載】2年目に思うこと2013.3.11

2011.5〜2016.5までの丸5年間
運営して おりました種苗販売サイト
【Poka Poka Plants】からの転載です。
***************************

~2年目に思うこと~



あの日から2年を迎えようとしていた

今年2月やっと、本当にやっと

福島を訪れる機会を得ました。



3.11を目前に驚くほど震災報道が

増えて、きっと「もう2年も経ったのね」と

思った方も多いことでしょう。



もう2年・・・実際に歩いたその場所は

「まだ2年」まるで瞬きするくらいの時しか

経っていないような、あの日の爪跡が

色濃く残っていました。



いわき薄磯海岸の防波堤

「ガレキに花を咲かせましょうプロジェクト」の

皆さんが描いたお花がキレイに咲いています。

d0174536_17364415.jpg


津波にのまれた住宅の基礎にもガレ花

後ろに見える小高い山の麓まで

ずっと住宅地が広がっていたなんて

基礎が残っていなかったら想像もつきません。

d0174536_17361479.jpg




生活に影響のない物は壊れたまま手付かず。

倒れた看板やフェンスが、そこかしこにあります。

d0174536_17385842.jpg




あの日、津波で陸に上がった船は

今も港に山積み。

d0174536_17393857.jpg


海沿いでは、あちこちで山のように積まれた

真新しいテトラポットを見ました。



"For many dogs"が震災以降

ずっと応援している"いわき市

ペット保護センター"へも立ち寄りました。

今もたくさんの犬や猫が暮らしています。

全国の皆さんからの援助で

その命を繋ぎながら・・・

新しい家族や、一緒に

暮らすことのできない

被災家族を待っています。

************************

〒973-8403
福島県いわき市内郷綴町舟場1-1

「いわき市ペット保護センター」

***********************

ごめんなさい!ニャンコ派のワタシは

モフモフに気を取られすぎて

ワンコの画像を撮りそびれました(;´Д`)

 



そして震災後、半身不随で保護された

タロウにも会ってきました。

当時、床ずれで傷んだ体を引きずって

曇った表情をしていたタロウは

もうどこにもいません。

たくさんの方の支援で車イスを

買ってもらい今では自由自在。

当ショップで植物を買ってくださった

皆様のお力もわずかながらタロウの

車イスに役立ったはず。

こんなに元気に走れるようになった!

よかったねタロウ~





同じく"For many dogs"が震災以降

応援し続けている"りみちゃんヒルズ"さんへ。

ここは震災直後、人の暮らしもままならない

ライフラインが寸断された厳しい状況の中で

いち早く被災ペットの保護シェルターとして

多くの犬猫を守った場所。



ここに辿りつきながらも命を落とした

犬や猫たちのお墓もあります。

オーナーさんは虹の橋へ旅立った

1頭1頭の犬種や毛色を、その最後を

今も覚えていらっしゃいました。



「今度、岐阜から薄墨桜の苗木が届くのよ。

そうしたら、この辺りに植えようと思うの。

皆さんに見てもらいたくて」と。

まだまだ厳しい暮らしなのに

決して後ろ向きじゃなかった。

******************************

〒979-3111
福島県いわき市小川町柴原字桐ケ岡75-1

「ドッグパークりみちゃんヒルズ」

*****************************



宮城も岩手も福島も他の地域も

一括りに被災地、被災者と呼ばれているけれど

この、わずかな2年で前を向けている人

前を向こうと頑張っている人

今も立ち止まったままの人

「助かってよかったね」って

言葉に素直にうなずける人

「一緒に逝きたかった」と呟く人



真新しい住居が出来上がった人も

今なお仮設住宅の人も

置かれている立場や状況は様々で

震災後に持ち上がった問題もたくさんあって

そこには人間の感情が幾重にも交錯していて

なんか・・・まだまだだ。

お国や自治体に頑張ってもらわなきゃ

いけないことも山積みだった。



個人レベルでできることは小さいかもしれない

でも、できることはある。

どうか当ショップでお求めいただいた種や植物が

花を咲かせたとき

実ったときには、地震や津波や原発で

辛い思いをした、している

たくさんの人や動物たちのことを

少しだけ思い出してください。





いわき21世紀の森公園

自衛隊の皆さんが植樹した桜の苗木

d0174536_1741359.jpg


桜は小さいうちからお花を咲かせます。

今年も、この小さな枝いっぱいに

お花が咲くでしょう。

いつか見上げるほど大きくなった桜の木の下を

また散歩しようね。スカイ



なんか思ったことも感じたことも

ちっともまとまりがつかなくって

その全部をお伝えすることは

とても無理です。。でも今年も

カメの歩みのように続けていこうと・・・

そこだけはブレずに。





2013.3.11  kirara

[PR]
by kirara0626 | 2016-05-10 08:37 | 東日本大震災